あかいし よしひと (赤石 義仁)の記録 主に相場関係

仮想通貨 暗号資産 株 FX 日経 更新頻度目安:1回/週

★★★ 2020年9月3日 仮想通貨バブル再来か? 2017年NEM価格の推移を参考に、上昇の目処を予測する

f:id:akaisiyosihito:20200903164245j:image

 

本年8月末頃まで、仮想通貨NEMが1桁円台を長らく推移してたところ、二桁を突破し現在約17円とバブル再来を思わせる力強い値動きを見せています。

 

 

買いたいけど反落が怖くて手が出せない、または買いポジションを持っているけど利益確定するタイミングが難しい人も多いでしょう。

 

 

そこで、2017年バブル期と先月末の価格が丁度同じ位の15円であった(2017年)7/21を起点にどのような値動きだったか振り返ってみましょう。

 

 

(2017年)7/21 15円

      8/31 36円

      9月から調整

     10/31  21円

     11/24 24円
     12/3 30円

     12/13 60円

     12/20 108円

(2018年)1/7  207円 最高値付近

 

当時と現在では仮想通貨市場の状況も違いますから、また半年程度で10倍とまでは簡単にいかないでしょう。

 

 

しかし、ビットコインの値動きをみてみると、最高値の約半値の辺りは昨年も今年も長い期間推移してますから、NEMにおいても半値である100円は絵空事でもないような気がします。

 

 

もしバブル的に100円をつけることがあるとすれば、今月すぐにというよりは年末以降になるのではないでしょうか?

 

 

現在17円ですから、まずは9月中にどれだけの値動きがあるか?また調整が入るのか?いずれにしても20円以下は、もしかしたら絶好の買い場だったと後に気づくことになるかもしれません。

 

 

もし天井圏をつけるとしたら、赤字の期間のように上昇スピードが更に加速することが予想されます。

 

 

それを考えると、天井はまだ先であるという予想が立てられます。

 

 

したがって、ポジションを利確するタイミングは、9月の後半以降の値動きをみながら決めていきたいと思います。