あかいし よしひと それ本当? はてなブログ(赤石 義仁)

はてなブログ 時事ネタ・その時思ったこと・難しい用語は多様せず、分かりやすい記事を書いていきたいと思います。

ネガティブワードを多用する記事に注意!

最近、様々な本やメディアで「将来A Iに仕事を奪われる」そんな記事を目にしないだろうか?

 

 

そういう記事は必ず、奪われる、消滅する、稼ぐ手段がなくなる、そうしたネガティブワードを連呼しています。

 

 

そうした記事に触れた時は、冷静になって考えていきたい。もちろんA I性能が年々目覚ましい進化を続けていることは間違いないだろう。

 

 

それは、スマホ一人一台時代の流れ等をみていれば誰でもわかる。

 

 

A Iが人間の仕事をしてくれるというポジティブな面を出している記事が少ない。

 

 

何故だろうか?

 

 

まず、最初に申し上げたいのは、そのようなネガティブワードばかりの記事を見て、必要以上に悲観的にならないで欲しい。

 

 

 

エネルギー革命の歴史をみると、石炭から石油の時代になり、炭鉱は閉鎖され石炭事業は縮小を余儀なくされた。

 

 

もう少しミクロな変化をみても、駄菓子屋やタバコ屋、商店街の縮小などが時代の変化と共に姿・形を変えていく。

 

 

このような変化は半世紀以上生きる人間が避けて通ることが出来ない。

 

 

しかしながら、そうした変化を体験出来ることこそ、人生の面白さではないだろうか?

 

 

A Iに仕事を奪われることに不安を感じるのは、全てのことが今を基準に考えるから、不安なのです。

 

 

こう考えてみてはどうでしょうか?

 

 

A Iが人間の仕事を奪う時代になったら、人間がどう生きるべきかA Iが教えてくれるはずです。

 

 

兎にも角にも、必要以上に悲観的になるのはやめましょう。やたらネガティブワードを連呼する記事はビジネス目的ですから、踊らされないようにしましょう。