あかいし よしひと それ本当? はてなブログ(赤石 義仁)

はてなブログ 時事ネタ・その時思ったこと・難しい用語は多様せず、分かりやすい記事を書いていきたいと思います。

「自分一人で死ね」自殺志願者を説得する言葉

自分の家族や親しい友人が、死にたいと言った場合、何かしらの言葉を掛けて抑止すると思います。

 

 

長い人生、死にたいほど苦しい事もあるでしょう。反対に生きてて良いこともある。自殺すると家族や周囲に迷惑が掛かるからという言葉では、どうも説得力に欠ける。

 

 

実際、死んだ後に周囲の迷惑なんて関係ないし、無差別殺人の後に自殺をするというとんでもない事件もある。

 

 

だからといって、「自分一人で死ね」というのは、正論のように聞こえても、それは自殺を肯定しているような考え方で、それでは自殺志願者を説得するのは不可能だろう。

 

 

 

私は「自分一人で死ね」という人を批判する訳ではない。実際に無差別に罪のない人をたくさん殺した挙句に自殺するなら、自分一人で死ねという気持ちもわかるからだ。

 

 

しかし、自殺志願者を説得するという考え方からみれば、「自分一人で死ね」は間違っていると言わざるを得ない。

 

 

では、どうすれば良いのだろうか?

 

 

今の私に一つ言える事は、あなたは「自殺するかしないか選択することができる。」

 

つまり、あなたはあなたの心を操ることが出来ます。自殺したいという気持ちはどうにもならないものではなく、あなたがあなたの心をコントロールした結果なのです。

 

ですから反対に、自殺しないで生きるという方向にコントロールすることも出来ます。

それを自殺する前に確かめてみませんか?