あかいし よしひと それ本当? はてなブログ(赤石 義仁)

はてなブログ 時事ネタ・その時思ったこと・難しい用語は多様せず、分かりやすい記事を書いていきたいと思います。

仮想通貨投資始めたいけど何も知識が無くて不安な人

はじめに

 

この記事はいつもより長めになりそうです。また私の性格上、思いついた順にどんどん書いていくので、起承転結が良くわからない場合があります。今回は最後に「まとめ」を書きますので、そこだけでも参考にして頂けたら幸いです。

 

 

仮想通貨や株式投資などの金融商品に手を出す時に知識がないから怖いと思うのは当然です。

投資で上手くいくためには、沢山の知識が必要だと思うでしょうが、時にその知識が却って損失拡大につながる可能性も大いにあります。

 

その一つの知識がチャートなどのセオリーです。もちろんいつでも必ずセオリー通りにはいかないのですが、人間の弱点である心理がマイナスに働くと、セオリーを知ってるが故に却って損を出すこともあります。

 

逆にセオリー通りに切るべきところで、損切りをせずに暴落に巻き込まれるなど、初心者中級者が陥りがちな罠もあります。

 

私も、株式投資を始めた頃、買っては下がり、売っては上がるといった経験をしました。株式では100万円以上の損失を出しました。

 

その経験と反省を生かしてFXを始めましたが、知識は時間と共に増えていくはずなのに、何度も何度も損失を出してはマイナス50万円くらいはそれ程時間がかかりませんでした。

 

敗因は知識不足ではなく、認識や意識の不足でした。投資に成功するためにはそれ程沢山の知識は必要ないのです。知識というのは、損をした悔しさ等から、自然に増えていくものです。

 

しかし、これから仮想通貨投資を始めたいという人に最低限調べておいた方が良いと思う事を、私自身の戒めの為にもここに記しておきたい。

 

 

 

 ビットコインをはじめとした、仮想通貨(暗号資産)で、10万円で始めて2年で総資産1億突破したなんて話を聞くと、自分も始めてみたい…

でも知識が無くて怖いからと二の足を踏んでしまう方も多いでしょう。

 

2017年の仮想通貨バブルに乗っていれば、上記のように、初期投資10万円からの億り人になる事もあるでしょう。

 

仮想通貨は、ビットコインのように実際に実用化されているものから、新規に「数年後実用化されたら確実に1万倍にはなりますよ」と謳う怪しげなものまで、数千種類あるそうです。

 

実際に実用化されることになるとしたら、将来その数千種類の全てが、将来的に現在の価格以上で残るとは考えにくい。

 

なぜなら、私達の資産が将来全てデジタル化したとしても、数千種類はとても管理しきれないし、またそれ程沢山の種類を持つメリットもない訳です。

 

では、ビットコインだけで良いのでは?または日本円だけ持っていればいいのか?というと、資産の維持という面で考えた場合、どうしても価格変動リスクがありますから、デジタル資産は複数欲しいでしょう。

 

ですから、現在ある程度実用化しているものが将来価値を残す可能性が高いと思われます。

 

 紙幣は国がインフレになると価値が下がりますから、お金を一部世界共通のデジタル資産に投資すると考えた場合、ビットコインに投資するか?それとも怪しげな草コインに投資するか?

 

ギャンブル的な投資も少しはあるかもしれませんが、大部分はビットコインのように、既に実用化されて、比較的安定したものに投資する方向に向かうはずです。

 

仮想通貨市場全体としては規模は拡大する可能性が高いのですが、上記のように数千種類のほとんどのコインは淘汰されていくでしょう。その中で将来残る可能性が高いビットコインから優先的に買われていくことになります。

 

ですから、これから仮想通貨投資を始めたいという人は、仮想通貨の仕組み云々という事より、どのコインに投資するか?それをまず絞り込む事が大切です。

 

どのコインが良いかという事は、私なりの見解はありますが、100%の保証が無い以上は具体的な事は言えません。少し調べればある程度は、見えてくるでしょう。

 

 

次に認識しておかなければならない事があります。ある時点でエントリーと決済(つまり買う時と売る時)のタイミングでは、どんなに知識を増やしても、その後上がるか下がるかは誰にもわかりません。

 

投資のプロであっても、「上がる可能性が高いか、下がる可能性が高い」その判断で決めています。

ですから、一般の人は使ってもいい金額を一度に全て投資しないで、いくつかの通貨に分け、タイミングも分けた方が良いということです。

 

少し分かりづらい表現になりましたが、タイミングを分けるというのは、例えば10万円の資金があったら、一度に全て使うのではなく、2万円ずつ五回に分けて毎週買うといった方法です。

 

値動きは100%は読めないので、上がる可能性が高いと判断して買っても想定より下がることもあるし、さらにもう一段下がる場合もあります。

 

例えばビットコインが100万円の時に上がると思って買ったが、一度80万円まで下がり、また100万に戻ってくるという相場では、最初に全て投資した場合は、利益0です。

 

しかし、買うタイミングを最初の100万円の時、下がって90万円の時さらに下がって80万円の時、戻して90万円の時、戻して100万円の時、それぞれ五分の一ずつ買った場合、利益が出るのです。

 

これはもし、相場がなかなか戻らない時のリスクも減らせますし、何よりも短期的な相場に一喜一憂する必要がないので、精神的にも楽なのです。

 

 

他に投資をする上で必要な心構えは、「欲張り過ぎない」という事です。何かを成功させたい時、欲はあればあるほどよいのではないか?

 

たしかに儲けたいと想いがあるから、それが研究意欲に繋がる事は否定出来ません。研究熱心なのも多いに結構です。

 

しかしながら、その行き過ぎた欲は、時としてエントリーや決済の判断を狂わせる事になります。仮想通貨投資というのは、あくまでも生活の一部です。研究熱心といっても、一日中、相場の事ばかり考えているのは、仕事や睡眠などにも悪影響を及ぼし不健全であると言えます。

 また、情報収集も度が過ぎると疲れてしまいます。私の経験では、上がるという情報がある一方で下がるという情報があったとします。そうすると投資の判断に迷います。

そうして疑心暗鬼になると、さらに情報が欲しくなりユーチューバー等が発信する情報に振り回されることになります。

 

人は皆お金に関わる事に興味がありますから、ユーチューバー達は過激なタイトルで気を引こうとします。中には有力な情報もありますが、100%当てることが不可能な以上は、多すぎる情報は邪魔になるのです。チャート分析くらいなら役に立つかもしれませんが、あまりアテにしすぎないようにしましょう。

 

仮想通貨投資で利益を得た場合、個人であれば、雑所得として年間の利益に応じた納税をしなければなりません。会社員であっても、自分で申告しなければなりません。

 

利益から納税額を差し引いた分以上の損失を翌年の1月から3月までの間に出してしまったら本末転倒です。

 

投資で出た利益から、自分のお小遣いにしたり、再投資に回したり人それぞれ使いたい気持ちはあるでしょうが、利益が多い程税率が高いのが雑所得になります。詳しくはご自身で調べてみて下さい。

 

 

口座開設にあたっては、各取引所のHPなどを見れば自動的に手順を誘導してくれますから難しくはありません。取引所の選び方については主に手数料やスプレッドで決めるとは思いますが、取引ツール等のそれぞれ好みがあると思いますので、どこが良いかは一概には言えませんが、特に短期売買場合それぞれ向き不向きあります。

 

まとめ 

◇最低限調べておきたいこと◇

①チャートの見方

②投資するコイン(数種類に絞る)

③納税関係

④取引所の選び方

 

 

◇仮想通貨投資の心構え◇

①相場に絶対はない。確率の高い方向を考えること

②リスク分散(投資する金額と時期を複数回に分けるべし)

③欲張り過ぎない

④情報に振り回されない

 

 

 

 最後に

 

仮想通貨を取り扱うブロガーの方は、仮想通貨が中心になる方が多い。私もそのようなブログ作りにしようかと考えたことがある。お金を増やすことは誰でも興味があるし、アクセスも多くなるのではないか?また、同じ志を持つ仲間が増えるのではないか?そういう想いもあった。

 

しかしながら、何のための仮想通貨投資なのか?と考えた時に、お金を増やしたいからという答えと同時に、それは何のためのお金か?何のため?何のため?と、どこまでも続く。すると私の性格上どうしても、人の幸せとは何か?という哲学というか宗教的な思考にたどり着いてしまう。

 

そう考えると仮想通貨投資はあくまでも生活の一部で、それだけに特化したブログ作りは私には向かないということになる。今後も日々の生活の中で、多方面で「それ本当?」と思えるようなことを、自分自身の人生の記録として書き続けていきたい。

 

そうした私の人生の記録が、少しでも読者の皆様のお役に立てられれば幸いです。

                               

                              赤石 義仁

 

 

www.infotop.jp