あかいし よしひと それ本当? はてなブログ(赤石 義仁)

はてなブログ 時事ネタ・その時思ったこと・難しい用語は多様せず、分かりやすい記事を書いていきたいと思います。

重要度4〜5(★★★★or★★★★★)

あくまでも、私個人的主観の重要度ですが、読者の方々と是非討論してみたいテーマ。

★★★★三日坊主になりやすい原因と状況

三日坊主になりやすい原因と状況 ①目に見えるペナルティがない、あっても痛みがほとんどない ②達成しても報酬(お金だけでなく、誰かに褒められる、自己満足等も含め)が少ない ③1日の努力では進捗感が無い ④そもそも目標達成が重視されていない ⑤手段の準備…

★★★★★2020.5.5 緊急事態延長 新型コロナ (ニュースリンクのみ)

新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の対応について|内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室 安倍総理の発言 www.kantei.go.jp 5/5 ピックアップ 国内 専門家会議 PCR拡充は不十分 - Yahoo!ニュース 宣言解除の判断 21日も検討 - Yahoo!ニュース 制限…

★★★★★2020.4.29 緊急事態宣言発令から3週間 新型コロナウイルス

本日の時点では、緊急事態の延長は決定はしていないが、昨日の時点では既に学校の休校延長を決めている自治体も多い。 緊急事態宣言発令の時は政府の決定を伺う自治体が多かったのだが、今度は政府より自治体の方が判断が早い形となった。 当日のピックアッ…

★★★★ 2020年4月16日 新型コロナウィルス 新しい時代を迎える覚悟

緊急事態宣言から1週間以上が過ぎましたが、様々な情報が入り乱れている。 例えば、日本国内では、対策を何もしなければ死者は40万人になるという見積りが出たり、ハーバード大学では自粛は2年間必要だとか、そういう専門家の間ですら悲観的な見方が強い。 …

★★★★★ 2020年4月7日 緊急事態宣言発令 新型コロナウィルス 1

r.nikkei.com この記事は未来のために記録しておきたい。緊急事態宣言がどうした経緯で発令されたか、感染者数の推移等は、多数のウェブサイトで記録が残るであろうから、私は自分の住んでいる街の様子の変化などを記録しておくことにしました。 武漢で流行…

★★★★ 危険!陰謀論を信用しない方が良い理由

「中央銀行や政府は金融マフィアに乗っ取られて、株価も操作されている。マスコミも牛耳っている」 このような陰謀論がまことしやかに囁かれている。 結論をいうと、このような陰謀説が真実であったとしても、信用しない方が良い。 陰謀説が嘘だった場合は、…

★★★★ 日本政府、マスクを一住所二枚配布⁇ どう受け止める?

news.yahoo.co.jp 新型コロナウィルス感染拡大を受けて、政府が一世帯に二枚のマスクを配布するという事ですが、これには、「マスク二枚では感染拡大は防げない、もっと他に良い方法があるはずだ」そういった声が出てくる。 しかし、それはいくら何でも、安…

★★★★ 怒りながら正論ばかり言う人は危険 車の運転に例えると

いつも正論で相手を言い負かそうとしている人の中で、危険なタイプは「怒りを伴う正論」が多い人です。 これを車の運転に例えると 直進車と右折車で、優先順位を守らない右折車が突っ込んで来ても、「直進車が優先だから」という正論でブレーキを掛けないよ…

★★★★2020年1月28日  PayPay 集計結果 キャッシュレスキャンペーン前半戦 集計期間約4ヶ月 はてなブログ

スマホ決済で代表的なものといえばPayPayですが、増税後のキャンペーン開始から、実際に約4ヶ月使ってみてどれくらいお得なのか集計してみました。 結果は87491円の買物に対して3377円のお得という結果になりました。 次に、店舗の種別にど…

★★★★ 「幸福」を神や仏の話は無しに、素人庶民レベルで追究する。

目的 ・なるべく他者に迷惑を掛けず、コストを最小限に幸福を感じる生活ができる価値観 に近づくこと。 ここでは追及する手段として以下のものはNGとします ・沢山勉強する ・宗教に入る ・仕事一筋になる ・投資で成功する その他、長期間の努力や多大な…

★★★★★ 2020 令和2年元日 

本年もよろしくお願い申し上げます。 今年も、無病無事故の1年であることを願います。 本年は、昨年より明るく生きる事が目標です。 そのためには、昨年はどう生きてきたか?本年はどういう心境であるか?それはブログを書き記録しておく事により、反省や改…

★★★★★生きた知恵は汗の中から生まれる 松下幸之助

「行動が先、即行動」と聴いてもイマイチしっくり来なかったが、「生きた知恵は汗の中から生まれる」という松下幸之助の名言は、こう解釈すると合点がいきます。 わかりやすい例は、どのようなスポーツでもルールやコツを知っただけでは上手くいきませんね。…

★★★★ サプリメント・健康食品に関しての考え方 

サプリメントの効能については賛否両論ありますが、日々の生活の中では、その効能を検証するために、血液検査や内臓等の状態を調べることは不可能に近い。 こうした、病院で調べなければわからないレベルのものについてはサプリメントで補うというよりは、食…

★★★★ 女子高生が詐欺グループの受け子に   詐欺グループが摘発されにくい理由

sirabee.com ニュース記事とは別に、あるサイトの会員限定記事で、ここに貼り付けたいのですが、出来ないので概要をここに記録をつけておきたい。 ①詐欺グループとは、一つのプロジェクトが終わると解散。 ②グループの構成員同士は顔も素性も知らない者同士 …

★★★★★ 堀江貴文(ホリエモン)「時間泥棒になるな」は暴論なのか?

r25.jp 「無駄な話をすることは相手の時間を奪うことである」 これは私もよくわかります。昔、私の知り合いのパチプロが設定6を打っている日は期待値が時給10000円だから、下らない電話を掛けてくる奴がいるとイライラする。という人がいました。 例え…

★★★★★ 不適切なアカウントも多い。SNSの使い方

相互フォローしているアカウントが不適切な情報を発信している場合、フォローを外すかどうか考えたことはありませんか? 不適切といっても、個人の価値観によって、適切のボーダーラインが多少違いますが、ツイッターでよくあるのが、相互目的でフォローした…

★★★★ モンスタークレーマー は、「お客様は神様」を勘違いしてる? それはまた別の問題。

news.mixi.j 過剰なサービスや謝罪を要求する、モンスタークレーマーが社会問題となっています。 こうした事例が話題になると、「お客様は神様」を誤解してるのではないか?という世間の声が聞こえてきます。 たしかに、その誤解はまだ世間に残っている気は…

★★★★ 老害と呼ばれる人の特徴・老害批判をする人は将来の老害になる要素がある?

老害とは dic.nicovideo.jp 老害と呼ばれる人のほとんどは、その発言が原因となっているようです。例を挙げると ①過去の栄光を自慢げに語る ②若者の言葉遣いが受け入れられない ③自分の意見を絶対に曲げない ④プライドが強く、高圧的な発言が多い ⑤いじめら…

事実上、個人情報の売買業者は取り締まれない

個人情報が売買されているという話はよくききますが、SNS上ではプレゼントキャンペーンと称して個人情報を収集する業者が後を絶たない。 なかには有名人になりすまして現金配布企画など行う悪質なケースもある。 こうした業者は法の抜け道をかいくぐり、合法…

★★★★もうついていけない!! 変化の激しい時代を生きる心構え

変化の激しい今日では、三年ひと昔とも言われます。情報化、AI化、デジタル化、法改正、常識の大きく速い変化は、今後も起こるでしょう。 このような時代、全ての分野において、時代についていくのは難しい面があります。 例えば、日頃コンビニを使う人は、…

★★★★ 歯磨きの大切さを再認識しよう。歯周病は全身の病気の原因に!?

歯磨きが大切なことは誰でも知っているだろう。しかし、このように習慣になっていることは、何故ハミガキが大切なのか?という事を忘れがちである。 何故?を忘れてはいけない理由としては、ハミガキは、口腔を清潔に健康を維持する事が目的だが、このように…

ネットビジネスや投資の勧誘の方はこちら

ツイッターのDM等にはネットビジネスや投資への勧誘が非常に多く、中にはいきなり個人情報を求めてくる法人または個人の方もいます。 ネットビジネスや投資等に興味がない方は、DMを読まないでしょう。 私はビジネスや投資に全く興味がない訳ではありません…

★★★★ 劣等感の話3 劣等感を始めに植え付ける相手は親である。

劣等感と聞くと悪いイメージを持つ人も多いと思われますが、適度な劣等感はむしろ持つべきで、目標達成の向上心に繋がり、成長に欠かせない感情であるといえます。 しかし、一方で悪いイメージ通り、コントロール出来ないと良くない方向へ向かってしまう、諸…

★★★★ 劣等感の話② 子供に劣等感を与え過ぎてはいけない

劣等感をコントロールする方法を考えていきたい。以下は便宜上、前記事の一部を引用し張り付けておく。 劣等感とは一言でいうと、自分が他と比べて劣っていると感じること。 実際の能力等が低くても、比較の対象が存在しなければ劣等感というものはない。 ま…

★★★★ 劣等感の話① 人はなぜ劣等感に苦しむのか?劣等感の正体とは?

はじめに 本記事は、筆者のにわか知識と自身の経験に基づく持論であるため、学術的な根拠の無いものです。 しかしながら、筆者としては非常に興味深いテーマであり、心理学等に詳しい方、また筆者の持論で、間違っている点がありましたら、是非ともコメント…